AI搭載で簡単ながら高いクオリティを実現したリミッター・プラグイン!sonible【pure:limit】レビュー

秀逸なラウドネスコントロールを軸に色々な機能を搭載したリミッター【smart:limit】(レビューはこちら)で高い評価を得たsonibleが、よりコンパクトなリミッターpure:limit】を新しく開発しました。

良いところはそのままにリミッターとしてのコアな部分にフォーカスした製品となっているため、smart:limitが完結系だったのに対して、他のプラグイン(EQ、コンプ、メータリングなど)との組み合わせがやりやすくなったのが大きな特徴です!

pure:limit の特徴と機能紹介

使い方

使い方はめっちゃ簡単です!

すれっしょるど、りりーす、みたいな何やらテクが必要そうなパラメーターは皆無です。

Universalを選ぶ

スマートシリーズもジャンルを選ぶところから始まりますが、Universalから始めるのが推奨されているものと、いきなり好みのジャンルを選ぶものとあります。(統一して欲しいかも)

pure:limitはsmart:limitと同じくUniversalから始めましょう。

プレイバック

プレイバックを開始してpure:limitの録音ボタンを押すとAI先生が解析を始めます。

曲の一番盛り上がっているところでやると良いですね。

解析完了!

ラーニングが終了するとAI先生が自動でセットアップしてくれます。

ジャンルを切り替えてお好みのものを探したりしてみましょう。

微調整

ファインチューニングで微調整することもできます。

Style 

クリーンでスムーズなSoft、バランスの良いNeutral、パンチのあるHardから選べます。

Inflate 

低い値では軽いサチュレーションを加え、高い値にすると全体的なレベルとローエンドがブーストされます。

Gain

入力ゲインを手動でコントロールしたい時用。

基本的にはゲインを突っ込むだけで、細かい設定は全てAI先生がやってくれます。

あとやること(できること)は質感を微調整するだけ。

メータリングとセットで使おう

pure:limitはピュアというだけあってsmart:limitと違いメータリング系の機能は一歳付いておりませんので、メーターは別で用意する必要があります。

お気に入りのメーターと組み合わせても良いですし、同社のMetering Bundleとも相性抜群ですよ!

需要な情報が1画面でパッとわかる!ミックスにおすすめなスペクトラム・アナライザー、sonible【true:balance】使い方&レビュー 充実のターゲット設定でもう迷わない!ちょうど良いボリュームのラウドネスメーター、sonible【true:level】使い方&レビュー

参考動画

メーカーによる紹介動画

まとめ

smart:limit単純に3つのプラグインにバラしたわけではありませんが、大体はそんな認識で良いと思います。

バラになっていると良いことは、お気に入りのエフェクトチェーンに組み込みやすかったりシチュエーションによって必要な機能のみをインサートしたりできることです。

ある程度やっている方でしたら、プラグインもノウハウもあると思いますのでpure:limitの方が取り回しのしやすさ的に使いやすく感じるかもしれません。

一方一つのプラグインである程度完結させたい方はsmart:limitの方を選択すれば良いのかなと思います。

そうそう、あと細かい設定が面倒な方にもオススメですよ。なにせ、音聴きながら「これがかっこいいな」と思うやつを選ぶくらいしかやることありませんので。

smart:limitユーザーの中には「こっちの方が良かった」と思う人も出てきそうですが、試しに使って見てくださいね!

こちらもオススメ!

ジャンルごとの適正ラウドネスにアジャストしてくれる、AI搭載トゥルーピークリミッター!sonible【smart:limit】の使い方&レビュー マスタリング処理スタイルで仕上がりの調整もできるハイクオリティなマキシマイザー!Softube【Weiss MM-1】レビュー

購入はこちら

Plugin Boutiqueで見る

他のsonible製品からのクロスグレード版

Plugin Boutiqueで見る