使いやすいルーム型UIと分析機能によるターゲット設定が便利なEQプラグイン!Mastering The Mix【MIXROOM】レビュー

ミキシング/マスタリング系のプラグインをそろえるMastering The Mixからリリースされている個性的なGUIのEQプラグインMIXROOM】を紹介いたします。

周波数帯域の上下や音の前後が直感的にわかりやすいルーム型のインターフェース高いサウンドクオリティ、またプリセットやリファレンストラックを元に自動でターゲットを設定してくれる機能など、ミックスやマスタリングで大活躍してくれるEQとなっております!

MIXROOM の特徴と機能紹介

基本的な使い方

MIXROOMをインサートする

ボーカル、楽器、バストラック、マスター、いずれにも使えますよ。

プリセットを選ぶ

まずはインサートしたトラックにちょうど合いそうなプリセットを選択します。

もしくは、参考にしたい曲(リファレンストラック)を読み込んで、それを元にしたターゲットを設定することもできます

EQを適用する

オーディオの一番大きいところ(マスターの場合はサビやドロップなど)を再生すると、選んだプリセットを元にオーディオを解析しターゲットが設定されます。

で、Add Smart Bandsボタンを押すと・・

こんな感じでターゲットを元に自動でEQを適用してくれます。

レベルをマッチさせる

ラウドネスの変化による「良くなった気がする」現象を避けるためレベルをEQ適用前と一致させます

下の画像はそこまで変わっていませんが、ラウドネスが 2dB 以上変化するとバイパスボタンがオレンジ色に点灯しますので、スライダーを動かしてラウドネスを一致させます。

手動ではありますが、ちゃんとポインタがでてそこに合わせるだけですので簡単です。

違いを聴く

バイパスボタンを押してビフォーアフターを聴き比べてみましょう。

必要があれば微調整、よくわからなかったらMIXROOMを信じてそっとプラグインを閉じてください

普通のEQとしても優秀

MIXROOMはあまりにも見た目に特徴ありすぎるので一瞬忘れてしまいそうになりますが、要はEQプラグインですので1から好きにバンドを追加しながら普通にEQとしても使用できます

普通のEQとちょっと違うところ
  • GUIが個性的・・・周波数の高低を左右ではなく上下ゲインの上下を奥行き(ゲイン上げると前に迫り出してくる)、ステレオの広がりはそのまま左右、で表現した方が直感的にわかりやすいんじゃないの?というのが基本コンセプト。
  • ターゲットを作ってくれる・・・プリセットもしくはリファレンストラックを元にオーディオを分析して理想のEQターゲットを指定してくれる。
  • M/Sでステレオ幅をバンドごとにいじれる・・・これが何気に便利!

注意点

鋭い人は気づいたかもしれませんが、MIXROOMの周波数帯域は下が320Hzまでしかありません。

これはどういうことかと言いますと、そこから下の帯域は同社のローエンド専用EQプラグインBASSROOM】(レビュー記事はこちら)を使ってね、ということです。

「いちいち分かれていて面倒くさくね?」とか「商売上手やな〜」と思うかもしれませんが、ローエンドは特に細かく見たいという方も多いでしょうからあえて分けるのは理にかなっていると思います。

バストラックやマスターでの使用を考えている方はセットで使うとより効果的です。

プリセット

プリセットは楽器ごとのものからフルミックス向けのものまで色々用意されています。

選んだプリセットを元にオーディオソースを解析してターゲットを設定する流れですので、オーディオソースが違うと同じプリセットを選んでもターゲットカーブは違ってきます

参考動画

メーカーによる紹介動画

ドラムのバスチャンネルで使ってみた(デモ動画)

まとめ

中高音域をクリアでバランスの取れたサウンドにするのは大変ですよね。

またジャンルによっても理想のサウンドバランスは違ってきますので、やはり目標物(ターゲット)があるとかなりやりやすいと思います。

もちろん自動で設定してくれるお手軽EQとして使ってもいいですし、解析させておきながら全無視とか(プラグインに嫌われそうですが)も全然アリです。

上下左右、奥行きが分かりやすいEQとしてマニュアルで使うのも意外とオススメです。

イロモノ風な見た目をグッと堪えて試す価値のあるEQプラグインですよ!

こちらもオススメ!

使いやすいルーム型UIと分析機能によるターゲット設定が便利なローエンド特化EQ!Mastering The Mix【BASSROOM】の使い方&レビュー MANLEY / MASSIVE PASSIVE STEREO EQ をエミュレートしたプラグイン!Pulsar Audio【MASSIVE】使い方&レビュー

購入はこちら

Plugin Boutiqueで見る