使いやすいルーム型UIと分析機能によるターゲット設定が便利なローエンド特化EQ!Mastering The Mix【BASSROOM】の使い方&レビュー

ミキシング/マスタリング系のプラグインをそろえるMastering The Mixからリリースされている低音域専用EQBASSROOM】を紹介いたします。

音の前後が直感的にわかりやすいルーム型のUIと高いサウンドクオリティで、ファイナルミックス/マスタリングに最適なプラグインとなっております。

  • ローエンド調整の効率化
  • シンプルかつ直感的な操作性
  • 豊富なEQターゲット・プリセット
  • 原音を損なわないクリアなフィルター

ビギナーからプロフェッショナルまでおすすめできる一品です!

BASSROOMの特徴と機能紹介

3Dルーム・ディスプレイ

まず目を引くのはなんと言ってもこの部屋っぽい独特のUIですよね。

一般的なEQが周波数を水平に、ゲインを垂直に表現しているのに対して、Bassroomは周波数を垂直、ゲインを前後で表現しています。

これは、実際に我々が音楽を聴くときに高い音は上/低い音は下に、また小さい音は遠く/大きい音は近くに聴こえることを考慮した作りです。

この帯域もうちょい後ろに引っ込ませたいなと思ったら、本当にそのブロックを引っ込ませればいいという直感的な操作ができます。

サウンドクオリティ

トランジェントリンギングやスメアリング、位相歪みを最小限に押さえた透明度の高いフィルターを搭載しているそうです。
つまりパンチやクリアさはそのままに処理できますよってことですね。

ローエンドは特に「クリアにしようと思っていじくり回したらより濁っちゃった」みたいなループに陥りやすいので大事なポイントですね。

使ってみた感じとしては「全く気にならなかった」(個人的にはファイナルミックス/マスタリングあたりでは「劇的な改善」よりも「気にならない」が重要だと思います)のでかなり良いと思います。

EQターゲット・プリセット

各ジャンルのベストミックスを分析したEQターゲット・プリセットが用意されています。

BASSROOMには「人間の耳がミックス全体に対してどのように低域を知覚しているのかを考慮したアルゴリズム」が搭載されており、これにしたがってミックス(オーディオソース)を分析し、選んだプリセットに最適なEQターゲットを設定します。

プリセットを変更するとターゲットの位置も変わります。

このターゲットを出発点にして、さらにそこから曲ごとに微調整してアジャストする感じになります。

また、自分のお気に入りのリファレンストラックを読み込んでターゲットを作成することも可能です。

基本的な使い方の流れ

  1. マスターチャンネルもしくはマスタリング・チェーンのお好きな場所に立ち上げます(アルゴリズムで分析する関係上インサートする場所が重要になります)
  2. プリセットの中からジャンル的に最も近いものを選択
  3. ドロップやコーラスなど、低音の多いセクションを再生
  4. プリセットとミックスのトーンバランスに基づいてターゲットが推奨EQポジションに移動します
  5. あとはターゲットを参考にしながら耳で聴いて調整します
注意点

BASSROOMはEQですので、プリセットに入っている各ジャンルはあくまでも周波数上の傾向です。

例えば、「いかにもなロックを目指して作った曲」でプリセットをロックにしたのにも関わらずあまりにもEQターゲットが大きくずれている場合は、ミックスをやり直すかそのジャンルらしい楽器編成などのアレンジ部分を見直してみた方が効果的だと思います。

Qとソロ機能

各バンドをソロで聴いたり、20以下のバンド以外はQの調整をすることもできます

ゲインマッチ

EQの調整によりゲインが 2dB 以上変化した場合、スピーカーのアイコンがオレンジ色に変わります。

スライダーをレベルマッチポインターに合わせると、BASSROOM を通過する前のオーディオの知覚ラウドネスにマッチします。

半手動ではありますが、やっぱりあると便利な機能ですね。

参考動画

メーカーによる紹介動画

まとめ

ローエンド(低音域)の調整は低音の聴こえ方のみならず、中高域の聴こえ方も変わってきますので非常に重要ですよ!(中高域のこもりがローを調整したらクリアになったりすることも)

EQターゲットは各ジャンルのベストミックスに対して自分のローエンドがどうなのかを比べる目的でも使えますので面白いと思います。

一瞬イロモノっぽくも見えるルーム型U Iは使ってみるちゃんと考えられたデザインなんだなと納得しますので、ぜひ一度試してみてください!

聴覚フィルターとAIを搭載したマスタリング・バンドル、Eventide【Elevate Mastering Bundle】(レビュー記事はこちら)の中にBassroomを組み込んだり、

NUGEN Audio【Focus Elements Bundle】(レビュー記事はこちら)に含まれているMonofilter Elementsでローエンドをモノラルに寄せて引き締めるのも効果的です!

購入はこちら 

Plugin Boutiqueで見る