簡単直感操作ながら幅広い機能を備えたアーティスト向けアルゴリズム・リバーブ・プラグイン!Baby Audio.【Crystalline】使い方&レビュー

先進的な技術を音楽的なツールに落とし込むのをモットーにしているデベロッパーBABY AUDIO.アルゴリズム・リバーブ・プラグインCrystalline】の紹介です。

Crystallineは、現在レジェンドと言われるスタジオリバーブユニットが活躍していた当時、限られたコンピュータースペックの中で試行錯誤していたものが、現在のスペックを持ってすればより簡単に多くのことが実現できるのではないかというコンセプトで作られたリバーブ・プラグインです。

アクセスの良い1画面のGUI簡単な操作性で初心者から忙しいプロデューサーまで使えるスタイリッシュなプラグインに仕上がっています!

Crystalline の特徴と機能紹介

真ん中にディレイタイムとアウトプットを置き、その四方にリバーブの詳細パラメーターを配置した1画面構成の配置になっています。

これにより、画面を切り替えたりすることなく各パラメーター間を行き来しながら調整していくことが可能になっています。

センターパネル

一番上には波形に対応して動くかっこいいディスプレイ。

BPM-Synced Start And End Times

アタックタイム(PreDelay的な)とディケイタイムのコントロールです。

それぞれmsとDAWのテンポSYNCを切り替えられるのが特徴です。

曲のビートに合わせたリバーブを簡単に設定することができます!

Output Section

今時のリバーブにはもはや必須の機能になりつつあるダッキングもしっかり備えています。

またリバーブ音を反転させるリバースやリバーブ音のスナップショットを継続的に保持するフリーズといったクリエイティブなエフェクトもバッチリ装備!

Reflections Section

左上のREFLECTIONSはリバーブの空間的な部分を調整するセクションになります。

  • SIZE・・・部屋の大きさをTINY〜SPACEYまで切り替えられます。
  • SPARKLE・・・上げると高周波成分が強調されクリスタル系のリバーブサウンドが得られます。
  • WIDTH・・・ステレオイメージをモノラルに狭めたりエクストラワイドまで広げたりできます。

Depth Section

左下のDEPTHはリバーブの深さ部分をコントロールするセクションです。

  • RESOLUTION・・・アルゴリズムの複雑さを3段階で設定できます。
  • MODULATION・・・ピッチ変化をつけられます。
  • SHIMMER・・・高周波数帯の減衰を遅らせられます。(下で周波数を選んで上で減衰時間をどれだけ遅らせるか)

Resolutionを落としてShimmerをオフにするとちょっと落ち着いたヴィンテージ風になります。

モジュレーションの幅やスピードは細かく調節することができませんので、こだわりたい人には少し使い勝手が悪いかなと感じました。

Clean-Up Section

右上のCLEAN-UPはミックス関連の機能をまとめたセクションです。

  • DAMPING・・・ハイパス、ローパスフィルター的な。
  • SIDES・・・リバーブ音のローエンドをモノラルにすることができます。
  • GATE・・・リバーブにかけるゲートで、左側がスレッショルド、右側がリリースになります。ゲート・リバーブがプラグイン内でサクッと作れてしまうという。

パックマンみたいなコントロールが良いアイデアですね。

Shape Section

右下のSHAPEはリバーブのトーン周りをコントロールするセクションになります。

  • TONE・・・リバーブの音質を調節するチルトEQ。
  • SMOOTHING・・・カスタムデザインされたEQカーブを適用します。上げるとリバーブ成分が繊細でまろやかな感じになります。
  • TRANSIENTS・・・左側に寄せるとリバーブアルゴリズムがトランジェントに右側だとサステインよりに重点を置くようになります。

その他機能

Baby Audio.ロゴをクリックするとバイパスになるお馴染みの機能。

プリセット

プリセットも豊富に入っています。
が、お気に入りなどの整理する機能などはありません。

そんなに複雑なプラグインではないのでプリセットはそこそこにして自分でエディットしていった方が楽しいと思います。

他にもパラメーターの設定をリセットするボタンやECOモードなんかも備えています。

参考動画

メーカーによる紹介動画

まとめ

アルゴリズミック・リバーブの正統進化系といった感じのリバーブですが、Lexiconのようにサウンド面に全振りするのではなく分かりやすい操作性現代のジャンルやプロデューサーたちのワークフローも考慮した作りになっているのがBaby Audio.らしいところですね。

自然なアンビエンスからラッシュリバーブまで、また楽器も幅広く対応できるリバーブですが、ジャンル的にはどちらかというとトラディショナルなものよりEDMなどの今風のサウンドの方が相性いいかなと思います。

クリエイティブなアーティスト向けのリバーブといった感じですので、プロデューサーの方などぜひお試しください!

ヴィンテージ系のリバーブが欲しい方は、RelabDevelopmentがLexicon480Lをエミュレートした【LX480】(レビュー記事はこちら)や、

Eventideの【SP2016 Reverb】(レビュー記事はこちら)なんかがオススメです。

購入はこちら

イントロセール中!50%OFF(6月30日まで)

Plugin Boutiqueで見る