ミキシング、マスタリングの万能まとめ役コンプ!Pulsar Audio【Mu】の使い方&レビュー

ManleyのVariable Mu Limiter Compressorのエミュレートものながら、すでにこちらも定番として定着した感のあるプラグインが今回紹介しますPULSAR AUDIOの【Mu】です。

その絶妙なチューブ感により、ミックスバスマスターバスまとまり感を加える「Glue」効果を期待して使用されることが多いプラグインです。

PULSARの製品紹介のページを見てみると、自信満々の説明文やオリジナルのハードウェアとの音比較プレイリストなど、「オリジナルと同じ、てか超えてるぜ」ぐらいの勢いを感じますね。

では、ざっくり機能紹介と使ってみた感想などをレビューしていきたいと思います。

Muの特徴と機能紹介

「variable-bias tube」という方式のコンプレッサーで、チューブによるウォームなアナログ感クリアで無理のないコンプレッションが特徴なためミキシングのバストラックやマスタリングで活躍しているコンプレッサーリミッター・プラグインです。

基本的なGUIは3段に分かれています。

では、それぞれの機能を見ていってみましょう。

基本的な機能

メインとなるコンプのコントロール部は中段になります。

Muは2チャンネルのステレオコンプですので、このようにLとRを別々にコントロールすることもできます。

スイッチ

また真ん中の「L-R/M-Sスイッチ」を下に下げるとMid/Sideモードになり、左側がMidチャンネルで右側がSideチャンネルになります。

左側の「LINK CONTROLS」を上にあげると左側のノブにリンクして右側のノブも動くようになります。
(SHIFTを押しながら動かすと、リンク設定(上)の時はリンクが切れ、リンクしていない設定(下)の時はリンクします。)

Mid/Sideモードの時とか便利

Mid/Sideモードの時は個別に動かす設定に自動で切り替わりますが、例えばMidとSideのOutputのバランスを決めた上で両方とももうちょっとゲインアップしたいな、なんて時にSHIFTを押しながら動かすと一緒に回ってくれるので便利です。

「LINK SIDECHAIN」は2チャンネルの検出回路を接続するスイッチです。上にすると接続され、2チャンネルのゲインリダクションが同じになります。
特に何もなければ通常通りステレオの時は上でMid/Sideの時は下でいいでしょう。

DUAL INPUT

一番目立つ位置にあるのが「インプットノブ」です。

上げるほど真空管のカラーが際立つ感じで、下げるとクリーンな音になります。

あまりにも音源の音がでかかったり小さかったりするとここでのコントロールがしにくいので、ある程度ゲインステージを調節しておいた方がやりやすいと思います。

THRESHOLD

普通のスレッショルドと違う点はレシオの深さも一緒に変わるところ。(下げるほどレシオも上がる感じ)

まあ下げるとコンプレッションが深くかかるんだなくらいでOK。

何かとインプットとの兼ね合いになりますので、聴きながらうまいバランスを見つけてください。

ATTACK,RELEASE

アタックタイムは10ms〜100ms(リリースの設定によっても変わるらしい)

リリースタイムは70ms〜1.8sで5段階(Ctrl/Commandを押しながら動かすともっと細かく設定できます)
(こちらもアタックタイムの設定によって・・・)

COMP/LIMIT

コンプモード(レシオが約1.5:1)とリミットモード(レシオが約4:1)を切り替えるスイッチです。

こちらもレシオは入力ゲインやスレッショルドによって変わって・・・

非常にアナログ・ハードウェアなプラグインですので数値で細かくどうこうするよりも、音を聴きながらグリグリ動かして気持ちいいところ見つけていくのが正解なのかもしれませんね。

オリジナルにはない機能

MIX

真ん中一番下の「MIXノブ」でドライ音とウェット音のバランスを調節できますので、パラレルコンプ的な使い方も可能です。

メーター

オリジナルのSIFAMメーターとモダンメーターという2つのモードを切り替えられます。(上の段のテキトーなところをクリック)

SIDECHAIN EQ

オリジナルの現行機種もハイパスフィルターは付いていますが、こちらはさらに3kHzを中心としたハイシェルフ周波数とゲインが調節できるベルも搭載してます。

サイドチェインEQの使い方

「コンプをかけたい周波数はブーストして、かけたくない周波数はカットする」とざっくり覚えておけばいいと思います。あとは音を聴きながらゲインや帯域などを微調整しましょう。

うまく使うとキックのローエンドはそのままとか、シンバルやハット系だけかけたりとか、スネアだけかけたりとか逆にスルーしたりとか色々使えます。

SIDECHAIN

「INT/EXTスイッチ」が付いています。EXT(下)にすると外部からの入力でコンプを動かせます
マスタリングでは使わないと思いますが、バストラックで使う場合はある、かな?

「LOOK」の方は検出チャンネルにプラスまたはマイナスの遅延を加えることができる機能で、AHEAD(先読みみたいな)でトランジェントをしっかり圧縮したり、BEHINDで逆にトランジェントをスルーさせたりできます。
(上のスイッチでAHEADパートを無効にもできます)

LISTEN

SIDECHAIN、L/M、R/Sをそれぞれソロで聴きながら調節することができます

特にサイドチェインとミッド/サイドを聴けるのはありがたいですよね。

CPU

音がいいプラグインなのに、意外と負荷は軽いです。

普通に動かすとこんな感じ。(といってもこの時点で複数台立ち上げてるけど)

調子に乗ってオーバーサンプリングを最大(8)にしてみました。

マスタリング時ならいけそうかも。

参考動画

メーカーによる紹介動画

テキトーなループにかけてみた(デモ)

まとめ

Glue的な使い方に関しては疑いの余地はありませんが、一通りいじってみた感想としては思ったよりも柔軟性があるなという印象です。(Pulsarの魔改造によるところも大きいかもしれません)

Mid/SideとサイドチェインEQ、LOOK機能の組み合わせでかなり色々なかけ方ができると思います。

音がいいのはもちろんですが、操作性的にもサクサク使えて音も決まりやすいし、かなり使いやすいですね。みんな使うの分かります。

ミックスはもちろん、マスタリングのエフェクトチェーンに組み込むのもおすすめです。

トライアルバージョンもありますので、ぜひお試しください!

購入はこちら

ブラックフライデーセール中!67%OFF(12月5日まで)

Plugin Boutiqueで見る