2ミックスを5つのステムに分けてボリュームを調節できる超便利プラグイン!Acon Digital【Remix】レビュー

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

卓越したオーディオ・プロセッシング技術を持つノルウェーのメーカーAcon Digitalの新商品【Remix】の紹介です。

Remixは、AIを使って2ミックスを5つのステム(ボーカル、ピアノ、ベース、ドラム、その他)に分け、それぞれのボリュームをコントロールできるというプラグインです。

小難しい操作は一歳なく、ボーカルキャンセルドラム、ボーカルの抽出などを簡単に実現することができます。

「この曲リミックスしてみたいなー」と思っても簡単にステムを入手できない場合の強い味方になるプラグインですよ!

Remix の特徴と機能紹介

使い方と使用感

テキトーなトラックに曲のオーディオファイルを読み込んで、そのトラックにRemixをインサートすればあとは各楽器のシグナルを検出してステムに分ける作業は全て自動でやってくれます。

ので、こちらのミキサーみたいな画面でいきなり好きにいじることができちゃいます。

それぞれゲインソロミュート、それとSensitivityで検出の感度を調整することができます。

思ったよりも綺麗に分けてくれます!

が、もちろん完璧とはいきません(自然さを求めると他の音が入ってきてしまうとか)ので、一つの楽器のみを抽出して使いたい場合はある程度妥協点を探すことになると思います。

ただ、必要に応じて別途エフェクトで処理して使うなどすれば全然使えるレベルまで持っていけますよ。

プリセット

よく使いそうなやつとイニシャライズはプリセットに用意されています。

マルチアウト

Remixはマルチアウトにも対応しています。

各ステムをトラックに割り当てて個別にエフェクトなどをかけることができます。

ただ、マニュアルにはProToolsのやり方しか載っていないため、FL StudioとBitwigはできましたがLogicの方はいまだやり方が分からず。

リズムを差し替えて、あとはエフェクトやオートメーションで各トラックを良い感じに処理すれば、一度バウンスしなくてもリミックスを制作できちゃうかも?

参考動画

メーカーによる紹介動画

まとめ

というわけで、とにかく簡単に使えるのが良いですね!

ちょっとしたカラオケも制作できますので、歌ってみたのオケにも使えるのではないでしょうか?

個人的にはギターも分けられるとより嬉しいところですが、技術的に難しいんですかね。

リミックスを作りたい時はもちろん、ボーカルやリズム、ピアノのフレーズなどのサンプリングにもオススメです。

ぜひ、チェックしてみてください!

こちらもオススメ!

複雑なエフェクトを簡単に組めるアレンジやトランジションにオススメなマルチエフェクト・プラグイン!BABY Audio【Transit】レビュー 耳コピや楽器練習のための機能がたくさん詰まった超オススメ分析ツール!zplane【deCoda】レビュー

購入はこちら

Remix

Plugin Boutiqueで見る

IMSTA Sale(PIB限定)24%OFF2024年5月29日〜6月4日
Spring Sale24%OFF2024年4月15日〜4月30日
PluginBoutique12周年セール25%OFF2024年2月15日〜2月29日
通常価格比較
  • Plugin Boutique ・・・¥7,441 ポイント還元、無料特典あり
  • 国内販売なし

※価格は為替の影響で変動します。

Plugin Boutique 今月の購入者無料特典

Plugin Boutiqueで何か買い物(いくらでもOK!)すると無料でこちらのプラグインがもらえます

現在セール中の記事から特に注目のものをピックアップ!
今月のラインナップ(〜6/30)