Urei 1176のブリティッシュモードに特化したシンプルかつ個性的なコンプ!Pulsar Audio【Smasher】の使い方&レビュー

ヴィンテージFETコンプのレジェンド【Urei 1176】の4つのレシオボタンを全押ししたブリティッシュモードを再現したプラグインが、今回紹介するPulsar Audioの【Smasher】です。

そう、ブリティッシュモードしか搭載していません、全振りです。
そこだけご注意ください。

その分全押しへのこだわりはすごいですので、全押し”も”できる1176エミュレートものをすでにお持ちの方でも活用できるプラグインとなっております。

Smasherの特徴と機能紹介

操作つまみはバイパスインプットアウトプットミックス、以上!という超シンプル設計

ほとんど説明はいらないくらいのGUIですが、一応各ツマミを見ていってみましょう。

INPUT

本家1176と同じでインプットレベルでコンプレッション量をコントロールするタイプになります。

そして、レシオボタンはそもそも付いていないっていうね。全押し固定だから当たり前ですが。

うっすらかけて気持ちパンチをプラスしてもいいですが、やはりガッツリ突っ込んだ方がいかにもなサウンドが得られて楽しいですね。

OUTPUT

こちらは一般的なプラグインの出力をコントロールするものではなく、コンプレッションステージ後のゲインをコントロールするものです。

つまり、実質上このプラグインには純粋にアウトプットレベルのみを調節するものが付いていませんので、インプット、アウトプット、ミックスの3つでコンプレッション、サチュレーション、レベルのバランスをとることになります。
(どうしても元のレベルと同じにしたい場合はSmasherの後段にレベルを調節するものをセットでインサートしてください)

ショートカット

  • +ctrl(command)・・・微調整
  • +alt(option),ダブルクリック・・・デフォルト位置
  • +shift・・・InputとOutputのつまみが連動

MIX

クセのあるサウンドの用途を大きく広げてくれるのがミックスつまみです。

使い方
  1. まずはMIXを100にしてINPUTとOUTPUTで原音に混ぜたい音を作る
  2. 一度 MIXを0に戻してからいい感じのところまで上げて(混ぜて)いく
  3. INPUT、OUTPUT、MIXを微調整
  4. 他のトラックを鳴らしながら再度調整
  5. なんか違うなと思ったら1に戻る

って感じで私は使っています。

基本ミックスつまみで混ぜるの前提ですので、MIX100の時に少し極端な音にした方がやりやすいと思います。

あとこまめにバイパススイッチで原音と比較するのも忘れずに!

参考動画

メーカーによる紹介動画

いつものループにかけてみた(デモ)

まとめ

特徴的なサウンドを持ったコンプレッサーですので万能系はありませんが、持っていると色々と活躍してくれるプラグインです。

ブリティッシュモードのサウンドを全面に押し出してエフェクティブに使うもよし。
アンビエンスを強調したり、トランジェントにパンチを加えたり、音をファットにしたり、と隠し味的にブレンドしてトラックの質感をコントロールするもよし。

いずれにしても、これでしか表現できないサウンドがあるのが長年1176のブリティッシュモードが人気の理由なのだと思います。

ぜひお試しください!

一点特化ではない方がいい場合は、同じPulsarの【1178】(レビュー記事はこちら)、

また、ちょっと挙動は違いますがMeldaProductionの【MTurboCompLE】(レビュー記事はこちら)にも1176のエミュレートが入っていますので色々入っている方がいい人はおすすめです。

購入はこちら

Plugin Boutiqueで見る