ローファイなサウンドが簡単に作れるマルチエフェクト・プラグイン!Black Salt Audio【TeloFi】レビュー

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

クールなGUIとシンプルかつ高い効果が魅力のプラグインをリリースしているカナダのデベロッパー Black Salt Audio ローファイ・エフェクト・プラグインTeloFi】を紹介いたします。

フィルターや歪みなどの複数エフェクトを組み合わせて、往年のテレフォン・サウンドをはじめとしたローファイな音作りが簡単にできるプラグインとなっております。

アレンジメントの演出で使ったりはもちろん、Lo-Fiヒップホップなどのチル系ジャンルにも大いに活用できるプラグインです!

TeloFi の特徴と機能紹介

コントロール

基本的にはEFFECTでローファイな感じにしてTONEで音の質感を調整すればOKです。

他にも便利なパラメーターでさらに細かくこだわってサウンドメイキングすることができますよ。

  • Effect・・・ローファイ・エフェクトの適用量的な。
  • Tone・・・暗くて不鮮明な感じや高音のペラっとした感じなどを作れるトーンコントロール。
  • Comp・・・固定値のローファイ用コンプ。
  • Dirt・・・ディストーション。やっぱ歪みも必要ですよね。
  • Slap・・・スラップ・ディレイ。ミックスで収まりが悪いなって時にも効果的。

ドライ/ウェットのMixノブもありますので、マスターバスにインサートして全体をうっすらLoFiにしたりといった繊細なコントロールも可能です。

が、ローファイ系の音楽を作る場合は、個別のトラックごとにローファイ感をコントロールしていった方が最終的に全体のミックスの収まりは良いと思います。

プリセット

プリセットもちゃんと用意されています。

どっかで聞いたことがあるようなサウンドがたくさん入っていますので、ここから選んでアレンジで使うだけでいきなりそれっぽくなりますよ。

参考動画

メーカーによる紹介動画

デモ曲作ってみた

ちょっぴりローファイなデモ曲で使ってみました。

まとめ

TeloFiは素直なローファイサウンドが簡単に作れるのでかなり使い勝手は良いですよ。

一つ注意点としましては、テープ・シミュレーターではないためヒスノイズや音の揺れなどを加えたい場合は別のプラグインが必要になってきます。

ですので、ベースになるサウンドをTeloFiで作り、必要があれば別のプラグインで諸々の効果を加えていくような使い方がオススメです。

ローファイ系のプラグインってテープの質感を意識したものが多いので、こういうシンプルなプラグインはけっこう貴重だと思います。

ぜひ、お試しください!

こちらもオススメ!

簡単操作で「あの頃」のサウンドを演出してくれるマルチエフェクト・プラグイン!UJAM【Finisher RETRO】の使い方&レビュー トラックにヴィンテージなテイストをプラスできるエフェクト・プラグイン!XLN Audio【RC-20 Retro Color】レビュー

購入はこちら

TeloFi

Plugin Boutiqueで見る

$29 and Under Sale(PIB限定セール)41%OFF2024年4月4日~4月21日
PluginBoutique限定セール41%OFF2024年1月20日〜1月31日
通常価格比較
  • Plugin Boutique ・・・¥9,356 ポイント還元、無料特典あり
  • 国内販売なし

※価格は為替の影響で変動します。

Plugin Boutique 今月の購入者無料特典

Plugin Boutiqueで何か買い物(いくらでもOK!)すると無料でこちらのプラグインがもらえます

今月のラインナップ(〜5/31)