ゴリゴリのスラップを打ち込める特化系ベース音源!ujam【SLAP】使い方&レビュー

ドイツのブレーメンに本拠地を置くデベロッパー UJAMバーチャルベーシストシリーズから【SLAP】を紹介します。

ベースのスラップってかっこいいですよね!

ソウルやファンクのファンキーなスラップも良いですが、ロック系のゴリゴリのスラップもたまらんです。

でもそんなスラップを打ち込もうとするとなかなか良い感じの雰囲気が出なくて難しかったりするのですが、こちらの【SLAP】を使えばスラップの知識のない方でも指一本でかっこいいスラップフレーズを打ち込めちゃいます

さらに知識のある方はキーボードでスラッププレイをしたり、細部までこだわったフレーズを打ち込むこともできちゃいますよ。

Virtual Bassist シリーズ

ちなみに、UJAMのベーシストシリーズのラインナップはこんな感じです。

  • SLAP … スラップ!
  • DANDY … 熟練スタジオミュージシャン
  • MELLOW 2… アコースティックなダブルベース
  • ROYAL 2 … フィンガースタイルのセッションベーシスト
  • ROWDY 2 … ロック、メタル系

どれも基本的なUIは全部同じですので、どれか一つ使ったことがあれば他のもすんなり使えます。

SLAP の特徴と機能紹介

2つのモード

鍵盤押さえるだけモードのPlayerと、こだわりモードのInstrumentの2つありますので、好みのモードに切り替えて使いましょう。

インストゥルメント

こちらはある程度知識がある人用になってしまいますが、キーボードでスラップをプレイしたり、1からこだわりのスラップフレーズを打ち込んだりできるモードです。

左側は奏法を選ぶキースイッチが並んでいます。
サムプルの切り替え以外にも、レガートスライドフルストップ(ミュート)デッドノート(ゴーストノート)などが使えますので、かなりリアルなフレーズを打ち込むことが可能です。

さらにフィンガー奏法スラップ奏法を切り替えることもできますよ。

プレイヤー

こちらはキーを押さえるだけでプロのプレイヤーがかっこいいスラップを弾いてくれるモードです。

左側でフレーズのパターンを指定して、右側でルートやコード、キーなどを指定する感じになります。

すごいのは、弾いたコードや指定したキーに合わせてちゃんとスケールやフレーズを変えてくれるところ!

こちらは真ん中のスタイルフレーズのプリセット。
ここから選ぶとStyle Phrasesの鍵盤にロードされているパターンが変わります。

左側のCommon Phrasesはジャンル関係なしに使える一般的なフレーズやリズムパターンがロードされている鍵盤なので、プリセットを変更してもこちらは変わりません。

スタイルフレーズのつなぎなんかで使うと良いでしょう。

ベースとアンプのキャラクター

左側がベースのキャラクターとファズのコントロール(アンプの前段って感じです)、右側がアンプのタイプとドライブのコントロールになっております。

ダイレクトでの出力も選べますので、手持ちのベースアンプシミュレーターなんかも使ってもいいと思います。

Finisherとその他機能

ujamは1つのプラグインの簡単操作で様々な効果を得られるFinisherシリーズも人気ですが、そんなFinisherのプチ版みたいなのが搭載されています(真ん中のノブ)。

操作はプリセットを選んで、真ん中のノブをお好みのサウンドになるまで回すだけ
色々なエフェクトが入っていますよ。

その他には、

  • 6弦を1音下げるドロップDスイッチ
  • オクターバー
  • 3バンドで音の傾向を変えられるEQ
  • マックスにするとトランジェントシェーパーが追加されるコンプレッサー

といった機能が搭載されています。

EQをトレブルに寄せてコンプをマックスにするとバッキバキのスラップサウンドになりますよ〜

参考動画

メーカーによる紹介動画

デモ曲作ってみた

まとめ

スラップはよくわからないけどサウンドはかっこいいから使いたい、といった方からスラップに精通した方まで活用できるベース音源となっております。

何気にフィンガー奏法にも切り替えられるのが嬉しいですね。
ピック弾きはありません。(ピックからのスラップっていうのはできなくはないですが、あまりやりませんもんね)

プリセットの傾向としてはR&B、ファンク〜ロック、ラウドロックあたりが得意な感じですので、ジャズ、フュージョン系の複雑なスラップを打ち込みたい場合はインストモードで手打ちした方が良いでしょう。

チューニングがドロップD止まりなのは少し気になりますが、これだけリアルなスラップサウンドが得られるならまあいいかって感じです。

ぜひお試しください!

同じujamのバーチャルドラマーシリーズもオススメですよ!

バーチャルシリーズは基本UIが同じですので、1つ使い方を覚えれば他のもすんなり使えるところも良いところです。

UJAMのレビュー記事はこちら

購入はこちら

Plugin Boutiqueで見る