リーズナブルで軽いのにめっちゃ気持ちよく弾けるエレピ音源!Sampleson【Stage54】レビュー

SamplesonPlugin Boutiqueのコラボプラグイン【Stage54】の紹介です!

もう数人しか所有していないという超レアな54鍵のエレクトリック・タイン・ピアノをエミュレートしたエレクトリックピアノ音源です。

個人的には(物理モデリング推しというほどではありませんが)サンプル系のエミュレートものにはあまり良い思い出がなく、Samplesonは名前からしてサンプルっぽくて食わず嫌いしていました。

が、今回の【Stage54】を触ってみたところ、軽い!安い!音良い!そして何よりその自然な弾き心地にイメージが完全に逆転しました。

どうやらSampleson独自の技術の賜物らしいのですが、その辺りも紹介したいと思います。

Stage54 の特徴と機能紹介

軽い!

ファイルサイズはわずか50MB弱(AU、VST両方インストールすると×2になります)!
エミュレートものでこの容量は心配になるレベルです。

CPU負荷的にも、ガッツリ和音鳴らしてこんなものですのでかなり軽い方です。

各コントロール

  • DRIVE・・・強く弾いたら歪んで軽く弾いたらクリーンみたいに打鍵の強さにもちゃんと反応してくれます。
  • TREMOLO・・・調節はオン/オフとスピードのみですが、やっぱりあると嬉しいトレモロ。
  • COMPRESSOR・・・リズミカルなリフやバッキングにかけたいコンプ。
  • TONE・・・音のキャラクターというよりは太さを調整する感じのトーンコントロール。
  • REVERB・・・最大まで上げても自然な感じで気持ちよくかかるリバーブ
  • PHASER・・・フェイザーの深さをコントロール。

Samplesonのモデリング技術

インフィニット・ラウンドロビンズ技術というのが使われているそうです。

一般的なサンプル音源は、1つの音に対して強く弾いたり弱く弾いたりなど幾つかのバリエーションをサンプリングして、それが多いと滑らかでリアルな感じになるわけですが、サンプルの切り替えをいかにスムーズにするか、容量をどう減らすかが課題になってきます。

それに対して Sampleson はスペクトル・モデリングという技術で、同じノートとベロシティに対して無限の小さなバリエーションを生み出し、より自然な形で実際の楽器をエミュレートしているということです。

実際のサンプルを使用したモデリング(合わせ技的な?)というイメージでしょうか?

これにより、少ない容量低いCPU使用率リアルなサウンドを実現しているようです。

参考動画

メーカーによる紹介動画

デモ曲で使ってみた

ujam のバーチャルドラマー【PHAT 2】(レビュー記事はこちら)のデモソングでStage54を使ってみました。

まとめ

Sampleson製品を使うのは初めてでしたが、まさかこんなに良いとは思いませんでした。

私的に特に気に入ったところは、とにかくプレイアビリティが良いところです。

ダイナミクスやトーン、キーノイズなどが違和感なくスムーズに反応してくれるので、繊細なタッチで細かいニュアンスを表現することも可能です。

特にプレイヤーにおすすめのプラグインとなっておりますので、ぜひこの弾き心地を体験してみてください!

同じく「弾きやすいな」と思ったピアノ音源は XLN Audio の【Addictive Key】(レビュー記事はこちら)です。こちらもぜひお試しください!

購入はこちら

日本限定セール中!クーポンコードで40%OFF(10月12日まで)

クーポンを使う – SJPN3

Plugin Boutiqueで見る

Scaler 2 + Stage54 Bundle

Plugin Boutique の【Scaler 2】と Sampleson の【Stage54】がセットになった商品です!

セール中!(10月3日まで)

Plugin Boutiqueで見る