2ミックスをリアルタイムでステム分けできる、だけじゃない便利プラグイン!zplane【PEEL STEMS】レビュー

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

オーディオ・ストレッチング、ピッチング、解析などの高い技術で有名なドイツのデベロッパーzplane

今回紹介するには、そんなミュージック・プロセッシング/アナライズのスペシャリストによるステム分けツールPEEL STEMS】の紹介です。

リミックスやサンプリング全盛の昨今だけに、2ミックスをボーカル、ドラムなどのステムに分けるプラグインやサービスはけっこう色々なメーカーが出していますよね。

少し前に FL Studio 、少し遅れて Logic にもそういう機能が搭載されて話題になりました。

今回紹介する zplane の新製品 PEEL STEMS も、そんなステム分けプラグインの新しいお仲間になります。

「ま〜た似たようなのがリリースされたぞ」と思われた方も多いかもしれませんが、あえて後発で参入してくるくらいですので、そこはしっかりとzplaneならではの機能も用意されていました。

PEEL STEMS の特徴と機能紹介

基本的な使い方

使い方はステム分けしたいトラックにインサートするだけ

あとはすぐにパートを消したりボリューム調節したりできます。

ステム・コントロール

各ステムのオン/オフ(shift+clickでソロ)、ボリュームステム分けの強さを調整できます。

ま、ぶっちゃけこの辺は他社の似たようなプラグインとだいたい同じですね。

精度に関しても特別いいわけでも悪いわけでもありません。

操作性的にはショートカットでSoloにできる分ちょっとボタンがスッキリしているかな、というくらい。

ステム分けの精度で選ぶなら?

精度はこういうリアルタイムで調節できるタイプよりも、FL StudioやLogic Proに搭載されているような時間をかけて分析するタイプの方が遥かに高いです。

「オレのDAWにはそんな機能ないっス」って方には、時間かけて解析タイプのプラグインで精度が高いこちらなんかもオススメですよ。

2ミックスを4つのステムに高い精度で分けてくれるプラグイン!Stagecraft 【Simple Stems】レビュー

サウンドフィールド・ディスプレイ

色分けされた各ステムの分布を視覚的にチェックできるディスプレイです。

縦軸が周波数横軸がステレオフィールド丸の大きさとレスポンスでラウドネスや立ち上がりなんかも大まかに分かります。

これはさすが zplane といった感じで非常に便利です。

各パートの分布がめちゃくちゃ見やすいので、ミックスのチェックや分析にも活用できると思いますよ。

ドラム、ベース、ボーカル以外の楽器はひとまとめになっちゃってますけどね。

フォーカス・フレーム

こちらも zplane ならではの機能で、周波数帯域、ステレオフィールドの特定の部分のみフォーカスして聴くことができるフィルターとなっております。

使い方は、こんな感じでディスプレイ上をドラッグして聴きたい帯域を枠で囲むだけ。(枠ごとドラッグすることも可能です)

「この辺りの帯域はどんな音が鳴ってるのかな?」って感じでミックスの分析で使ってもいいし、面白いサウンドになったらバウンスして使うのもアリだと思います。

枠で囲んだ部分をミュートすることも可能です。

これでドラッグするとノッチフィルターでモーフィングしてるような感じになります。

分割して出力

PEEL STEMSはステレオ出力を2系統持っているので、フィルター出力を2つのストリームに分割して出力して別々に処理する、という使い方もできるようです。

やり方はお使いのDAWによって異なります。

「トラックを複製すればいいだけじゃ?」というツッコミはなしで。

オートメーション

フィルターの各パラメーターはオートメーションで操作することができます

簡単なスウィープから複雑なフィルター効果まで、アイデア次第でけっこう面白いサウンドも作れそうですよ。

参考動画

メーカーによる紹介動画

まとめ

正直、ステム分けに関しては普通です。

が、オーディオ解析のプロだけあってディスプレイとフィルターはかなり便利ですね。

ミックスの分析にも活用できますし、周波数帯域だけでなくステレオフィールドも調節できるフィルターで他のプラグインでは再現しにくい効果を作ることもできます。

また、各パラメーターをMIDIコントローラーにアサインしてプレイすると、リアルタイムでパートのオンオフやボリューム、フィルター操作ができるので楽しいですよ。

DAWの機能もしくはDJプレーヤーなんかと上手く組み合わせれば即興でリミックスを作ることもできちゃいそうです。

ただし、入り組んだ音源を綺麗にステム分けしたい方は、時間かけて解析するタイプのプラグイン/サービスを利用した方がいいでしょう。

というわけで、ぜひ試してみてくださいね!

購入はこちら

PEEL STEMS

Plugin Boutiqueで見る

Intro Sale25%OFF2024年6月25日 → 2024年7月31日
通常価格比較
  • Plugin Boutique ・・・¥11,310 ポイント還元、無料特典あり
  • SONICWIRE・・・¥10,285 ポイント還元あり

※価格は為替の影響で変動します。

Plugin Boutique 今月の購入者無料特典

Plugin Boutiqueで何か買い物(いくらでもOK!)すると無料でこちらのプラグインがもらえます

現在セール中の記事から特に注目のものをピックアップ!
今月のラインナップ(〜7/31)
  • AudioThing ・・・Frostbite 2(マルチエフェクト)
  • Newfangled Audio ・・・EQuivocate(EQ)