ヘヴィなメタル系ドラムを手軽に打ち込めるドラム音源!UJAM【HEAVY 2】使い方&レビュー

ドイツのブレーメンに本拠地を置くデベロッパー UJAM のバーチャルドラマーシリーズから【HEAVY 2】を紹介します。

HEAVY 2】はロック、インディ〜メタルまでをカバーするドラマーで、もちろんujamならではの「高水準なサウンドを素早く簡潔なワークフローで実現する」精神も健在です。

コンプレッションの効いたハードヒットなドラムでツーバスをドコドコさせたい人におすすめのドラム・インストゥルメントです!

Virtual Drummer シリーズ

ちなみに、UJAMのドラマーシリーズのラインナップはこんな感じです。

どれも基本的なUIは全部同じですので、どれか一つ使ったことがあれば他のもすんなり使えます。

HEAVY 2 の特徴と機能紹介

基本的な使い方

使い方はとにかく簡単です。

一番上のプリセットから好きなのを選んで、

その下あたりにあるSTYLE(ドラムパターン的なやつ)を選びます。

あとはキーで演奏したり打ち込んだりすればOK!

上記で選んだドラムパターンを演奏するには右側のC3〜のキーで、自分でドコドコ叩きたい場合は左側のC1〜を使います。

Micro Timing

右上の方にあるMicro Timingセクションで前ノリ後ノリとかスウィング倍速なんかを調節できます。

通常設定でもグルーヴするようになっていますが、よりノリをいじりたい時またはジャストにしたい時はこちらで調整してください。

DAWへのパターンの貼り付け

このように貼り付けたいパターンの上側をドラッグ&ドロップすればOK。

こちらはMicro Timingで調節したのも反映されますので、AメロBメロでノリをちょっと変えるなんてことも簡単にできます。

ドラムキット

ドラムキットは5種類から好きなものを選べます。(横のSlamを上げるとパンチやスナップのあるサウンドになります)

また、それぞれキックとスネアは4タイプタム、ハイハット、ライド、クラッシュは2タイプを選択可能ですので作れるドラムセットのバリエーションは結構多いです。

また、ボリュームディケイチューニングリバーブセンドなども個別に調節できます。

ミックスプリセット

ミックスプリセットは、通常コンソールでインサートエフェクトやらなんやらをいじくり回してドラムサウンドをいい感じにしていく、っていう作業を「こちらに完成した物があります」してくれているやつです。

気に入ったサウンドのミックススタイルを6タイプから選んで、好みのサウンドまたは他の楽器とのバランスがいい感じになるようにAmountで調整すればOK!

マスターセクション

マスターはリバーブサチュレーション、あとマキシマイザーが付いています。

リバーブは数タイプ用意されています。

パラアウト

各キットをマスターセクションに送らずにパラアウトしてDAWで納得いくまでいじり倒したい、なんて時も簡単です。

音源の方の操作はパラアウトしたいキットのOutputをMasterからIndividualに変えるだけ
後はご使用のDAWにしたがってって感じです。

特徴としては、音源のマスターに送るかパラアウトするかを各キットごとに選べることと、OverheadsとRoomのアンビエンスもそれぞれパラアウトできることです。

特にアンビエンスマイクをパラアウトできるのは嬉しいですね。

より自由度の高いミックスができるし音源くさくないドラムサウンドに近づけると思います。

参考動画

メーカーによる紹介動画

デモ曲作ってみた

Heavy 2 を使って昔作った曲のドラムパートを差し替えてみました。

ドラムはパラアウトせずプラグイン上で音作りしてます。
バスコンプとEQはちょっぴりかけました。

まとめ

パラアウトしなくても結構なクオリティのドラムトラックが作れてしまうバーチャルドラマー・シリーズなので、エンジニア的な作業はそこそこにして、作曲の方にウェイトを置きたい方に向いているドラム音源です。

もちろん、パラアウトして作りこむこともできますし、その辺の配慮もきっちりされているのがさすがです。

ジャンルごとにそろえる必要があるのがちょっと面倒くさく感じるかもしれませんが、2〜3あれば大体の人は事足りると思いますので、逆に余計なものまで入っていないから容量もワークフローもスッキリするとも言えます。

素早く高水準のドラムトラックを作りたい方はぜひ試してみてください!

ujamのバーチャルドラマーは完全に文系インストゥルメントですので、ゴリゴリの理系ドラム音源が欲しい方はMeldaProductionの【MDrummer】(レビュー記事はこちら)をオススメします。

また、生ドラム系で細かくいじりたいこだわり派はやっぱり【BFD】でしょう。

購入はこちら 

Plugin Boutiqueで見る