良い音で弾くには?【ギターの弦の押さえ方】を徹底解説

ギターは左手で弦を押さえて右手で弦を弾いて音を出すのが基本的な奏法です。

では弦を押さえるということはどういうことなのでしょうか?

基本的なテクニックですが、上級者になってくると左手でトーンや音楽を作っていくことも重要になってきますので、少し掘り下げて解説していきたいと思います。

フレット楽器とは

ヴァイオリンや三味線のように、フレットがない弦楽器は左手で押さえた場所の音程になりますので、押さえる場所がずれればその分音程もずれます。
これは微妙な音程のニュアンスを表現できる反面、速いパッセージや複数箇所を押さえるコードで音程をとる難易度が跳ね上がってしまいます。

それに対してフレット楽器は一定の音程間隔でフレットが打ってありますので(シタールみたいに移動できるのもあります)、押さえる場所が少しずれても音程がずれないような仕組みになっています。
このことにより、コードなどもヴァイオリンほどピンポイントで押さえなくてもちゃんとした音程で弾くことができます。

このように、ギターは押さえた場所ではなく当たっているフレットの音程になるということですので、弦がしっかりフレットについているのがポイントになります。


押さえる場所

じゃあどこ押さえてもいいのかというとそうでもなく、押さえる場所によって次のような違いがあります。

フレットの真上

音がこもる、半分ミュートっぽい音

フレットの近く

少ない力で押さえてもちゃんとした音が出やすい

フレットの真ん中

近くを押さえる時よリはしっかり押さえないと音がビリついたりするが、コードによってはこの辺を押さえるしかない場合もある。

フレットから遠く

かなりしっかり押さえないと音にならない、場合によっては隣のフレットの音程になってしまうことも。

基本的にはフレットの近く推奨になりますが、初めはピンポイントで押さえるのは難しいでしょうから、次の画像の範囲にくらいに収まるようにして気持ちしっかり目で押さえていくのもアリだと思います。


押さえる強さ(どれくらいの力で押さえるか)

ピッキングの強さと押さえる強さ

前項でフレットから遠くなるほどしっかり押さえると書きましたが、これはピッキングの強さによっても変わってきます

強くピッキングすると弦がたくさん振動し(暴れ)ますので、その分弦を強くフレットに押し付けないとビリついてしまいます。
つまり、フレットから遠くなる程、そして強くピッキングする程、しっかり押さえないといけないということになります。

参考動画

押さえる力と音程

「それならば最初から強く押さえておけばいいのでは?」と思われるかもしれませんが、そう簡単な話でもありません。
なぜなら、強く押さえると次のようなデメリットがあるからです。

  • 押さえた分だけ音程がシャープする(上がる)
  • 強くネックを押さえつける程、響きが悪くなる(サスティンも短くなる)
  • 疲れる、指が痛い、動きが悪くなる

なるべく軽く押さえましょうと言われたりするのはこういった理由があるからです。


スイートスポットとは?

なるべくフレット近いところ(軽く押さえられるからネックの振動を妨げない)、でも指がフレットに触っていない(真上じゃなくてもフレットに指が触ると音が少し詰まります)、というポイントをスイートスポットと呼んだりします。


ここが一番クリアに鳴るポイントになりますが、ここを常にピンポイントで押さえていくのは至難の技になります。

また、あえて音をこもらせたり、少しビビらせたりするためにスイートスポットを外して押さえるテクニックもありますが、こちらもピンポイントで外していくのはかなり高度なテクニックになります。
エリック・ジョンソンの教則ビデオやクラシックですとソルの教則本なんかでも紹介されているテクニックです。)


左手でも音楽を作る

このように、左手の押さえが音色や音程にもかなり影響します

ギターは左手で押さえて右手で音楽的なコントロールをすると思われがちですが、実際には左手でも音楽を作っていくものなんだと思ってください。

ヴィブラートやハンマーオン、プルオフなどの分かりやすいテクニックだけではなく、左手でもリズムをとった方がいいし、アーティキュレーション、強弱などなど、右手がやってるからいいやではなく全体で音楽を表現していくイメージで弾くといいでしょう。

具体的には、右手が「タッタラー」というリズムで弾いたら左手も同じリズムで押さえたり、右手がクレッシェンドしたら左手の押さえもクレッシェンドしたり、まあ聴きながらやればいいのでそこまで厳密にやる必要もありませんが、左手だけ「我関せず」な感じのメカニカルな動きになってしまわなければいいと思います。