音楽系にもトラックボールはおススメ!Kensingtonレビュー

DAWやら楽譜作成ソフトやら、音楽家もパソコンにどっぷりな昨今ですが、そんな中皆さんはどんなマウスを使っていますか?

作業効率や健康にも影響するので、こだわっている方も多いのではないでしょうか?

 

人間工学がなんちゃら?ボタンがめっちゃ付いたフルアーマータイプ?

 

こだわりたいけど、なんかこれといったのがないんだよなー、と迷走中のあなた。

分かります!マウス売り場を見るとすごい種類がありますし、もう何がいいのかわからなくなってきますよね。

 

そんな中是非選択肢に加えて欲しいのが、ちょっとマニアックだけど根強いファンがいるトラックボールマウスです。

 

トラックボールマウスは手や手首にかかる負担が少ないのと、細かい作業がやりやすいこと、省スペースという利点があります。

 

欠点は馴れが必要なことでしょうか。

 

 

私も(もう10年以上前になりますか)愛用してましたが、ノートパソコンへの移行に伴い近年は普通のマウスを使っていました。

 

しかし、歳のせいか手首痛い!若い時はこんなことなかったのに〜もう限界!

 

 

ということでトラックボールを検索してみたら最近はけっこう種類があるんですね!

(昔はあまり選択肢がなかったような記憶があります。)

 

親指で操作するタイプもめっちゃ評判いいようで気になりましたが、やはり私は昔使っていたような人差し指、中指あたりでコロコロやるタイプがいいです。

 

というわけでケンジントンKensingtonというメーカーのこちらのマウスを購入!

 

同じメーカーから何種類か出ていますが、見た目もいい感じだしこちらにしました。

しばらく(かれこれ1年以上)使ってみたので、使用感などを紹介したいと思います。

 

 

ボールが大きい

 

大は小を兼ねるってわけではありませんが、ボールがデカい!

おかけで安定感があり、細かい作業はしやすいです。

 

ボールの取り外しが簡単

 

トラックボール経験者はわかると思いますが、ボールが汚れてくるとちょっと反応が悪くなってくるんですよね。

 

ですので定期的にボールを外してフキフキするわけですが、このマウスはボールが固定されていないので、そのまま持ち上げるだけで外れます。

 

お手軽ですね。

 

ゴミが下に落ちる

 

ボールの下に穴が空いていて、ゴミはここから下に落ちるようになっています。

 

とにかくお手入れしやすいのがありがたい。

 

ボタンの割り当て

 

ボタンの割り当て設定もできますが、私はそんなに使っていません。

 

あまっているボタンに「ウィンドウを閉じる」機能を割り当ててみたところ、誤って連打してしまい保存していないウィンドウをすごい勢いで閉じてしまってからトラウマになりました。

 

 

その外にもボールを横に回すとスクロールできたりする機能もついていたり、細かい作業は相変わらずやりやすいです。

 

というわけで、私的にはとても使いやすく満足しています。もし買い換えるとしてもまた同じやつにしたいかな。

 

さあ、みなさんもトラックボールデビューしてみませんか?

 

felice音楽教室

住所: 茨城県水戸市見川3-595-5

メール:takanori-yajima@musicafelice.com