マウスで手首が痛くなったからエレコムの【リストレスト】を使ってみた

DTMにどっぷりな方、右手は生きてますか?

ツマミやフェーダー、ハンドルの細かい作業をマウスでグリグリやっていると右手が悲鳴を上げてきたりしません?

とくにフィジカルコントローラを使っていない方はなおさらだと思いますが、最近はなんでもプラグインですからグリグリしないわけにもいきませんよね。

調べてみると、DTMに限らずマウスの使いすぎで腱鞘炎になったりする人がけっこういるのだそうです。

ってことは補助製品もあるだろうと思い、見つけたのがこちらのクッションです。

疲労軽減リストレスト「FITTIO」/ ELECOM

「~との共同開発」と「Made in Japan」という魔法のうたい文句!

「日本製」とかもう「御用達」レベルですよね(?)

「横浜市総合リハビリテーションセンター」なんて全然知らないのに「共同開発」とか書いてあるだけで「なんかすごそう」ってなっちゃいません?

食べ物とかでも「○○産△△使用」とか書かれていると、全然知らないのに美味そうな気がして買ってしまう私ですので、もちろん購入してみました。

使用感

では、気になる使用感ですね。
しばらく使ってみたので、その感想を紹介したいと思います。

良かったところ

低反発なのでのせている箇所が痛くならない

机に直だと、だんだん当たっているところが痛くなってきたりしますよね

こちらの製品はなんかプニプニした特殊な素材が使われていて、のせていても手首が痛くなりません。低反発ともまたちょっと違うフィット感と自由さがあります。

マウスを操作しやすい角度

この製品はマウスが操作しやすい高さになっているそうです。試しにマウスでも使ってみましたが、だいぶ使いやすく一瞬普通のマウス派に魂を売りそうになりました。

本来トラックボールでは使う必要ないのかもしれませんが、机の角に腕があたって痛かったのがちょっと角度が変わってだいぶマシになりました。
 
パソコンは、椅子、モニタ、キーボード、マウスの高さのバランスが合っていないと体に負担がかかりますが、音楽系だとこれにスピーカーの高さも入ってくるので理想のセッティングにするのはなかなか大変ですよね。

滑り止めが付いている

裏は滑り止めっぽい素材になっています。

机にピタッとくっついてくれるけど、場所を変えたければさっと取れるのでなかなか便利です。

いまいちなところ

良いポジションが微妙に謎

まあこれはトラックボールで使っているからだと思いますが、ベストなポジションが謎です。

近くに置いたらいいのか、ちょっと離した方がいいのか、いまだに答えがでません。


まとめ

やっぱり、あるとないとではだいぶ違いますね。

「あれ、これってなくても同じなんじゃね?」と思って何度か外して使ってみたりもしましたが、やっぱあった方が楽です。

そんなわけで買ってからだいぶ経ちますが、いまでも重宝しております。(ただ、やはりマウスで使った方がより効果ありますね)

最後に、いい製品だとは思いますが、あくまでも「負担を軽減」するもので解消するわけではありませんので、やはり適度に休憩やストレッチなどを挟んだりして使い過ぎには注意しましょう!

ちなみに、マウスパット付きバージョンもあります。マウスで使うならこっちの方がポジション決めの必要ないからいいのかな?