「Waldorf Edition 2 LE」と「loopmasters」を使ってみた。(デモあり)

Audient」製品のバンドルソフトが一新されたというニュースを聞きつけ、既存のユーザーも使えるそうなので早速チェックしてみました。

 

 

キャビネットシミュレーターや今話題のオンラインマスタリングサービスなど盛りだくさんですね。

色々気になりますが、とりあえずこちらの二つを使ってみました。

 

Loopmasters

 

 

近頃の音楽ではサンプル素材が重要ですよね。

各社色々やってますが、こちらはパックを購入して専用のプラグインで管理するタイプ。

そのままドラッグ&ドロップでセッション画面に貼り付けることもできます。

もちろんテンポも自動で合わせてくれるしキー変更も余裕。

 

特徴は実際にDAWに貼り付けるまではダウンロードされないこと。

無駄に容量を圧迫しない利点と、ちょっとした待ち時間のめんどくささあり。

 

ソフトは検索やタグも便利だし使いやすいけど、loopmasters以外のサンプルも管理できるとより〇。

そのうちできるようになりそうです。

 

 

Waldorf Edition 2 LE

 

Waldorf Edition 2の機能制限版で、たまに無料セールなんかやっているやつ。

 

「PPG Wave 2」

古き良き時代の音がするウェーブテーブルシンセ

 

「drum module Attack」

細かい音作りができるドラムマシン。作った音を書き出してサンプラーに入れちゃってもOK。

 

 

「D-pole」

ディレイやらパンやら色々いじれるフィルター。これは使える!

 

 

の3つがセットになっています。

機能制限版とはいっても普段は有料の製品だけあって、ちょっと不便かなくらいで普通に使えます。

 

 

さて、新しいものを手に入れたらすぐに使いたくなるものですよね。

というわけで、デモ曲を作ってみました。

 

リズムトラックは「Attack」と「loopmasters」のパーカッションループ、あとは一番外側で鳴っているシンセループ以外は100%「PPG Wave 2」を使用。

フィルターの「D-pole」はとくに機能制限ないし、いいっすね。

 

Audientユーザーは是非ゲットしてみてください!

felice音楽教室

住所: 茨城県水戸市見川3-595-5

メール:takanori-yajima@musicafelice.com