サブDAWはプラグインとしても使える【Reason】がオススメ!

みなさん、サブDAWは使っていますか?

DAWはメイン1つで十分!という漢らしい方もいらっしゃると思いますが、DAWによって得意不得意がありますのでサブのDAWもあると便利ですよね。

SleepfreaksのDAWアンケートでもだいたい半数の方がサブDAWを使用しているようですね。

ちなみに今年のサブDAWのランキングは1位 Garage Band2位 Studio Oneだったようです。
いずれも入り口のハードルが低い2つで、最近はお試し版やクロスグレード版などのおかげでサブDAWも導入しやすくなったように思います。

というわけで、今回はそんなサブDAWにReasonはいかが?という記事になります。

サブDAWに何を求めるか?

これは人それぞれですよね。

  • メインDAWにはない音を求める
  • メインDAWにはない操作性を求める
  • メインDAWにはない機能を求める

などなど、互換性重視で似たようなDAWを選ぶか、使い分け重視で全く別系統のDAWを選ぶかで分かれるかもしれません。

用途で使い分けても良いし、作るジャンルによって変えるのも良いと思います。


Reasonとは?

ReasonはReason StudioというスウェーデンのメーカーのDAWで、日本ではちょっとマニアックなイメージかも?

海外でも大人気!とまではいきませんが、アーティストも含め根強いファンがいまして、バージョンももう11と超老舗のDAWです。

最大の特徴はReasonラックとファットなアナログサウンドです。


Reasonのオススメポイント

SSL9000ミキサー

Reasonにはみんなの憧れSolid State LogicSSL9000コンソールが標準で搭載されています。

というかどのDAWにもあるミキサー機能がReasonではSSL 9000になっています。

これがあればSSLのバスコンプとかチャンネルストリップとか買わなくてOK!(もちろん各社によって微妙に音が違うからいらないってわけじゃないけど)

Reasonで曲を作る時もコンソールでEQやコンプをいじりながらできるし、メインのDAWで作ったやつを書き出して最終ミックスはReasonのSSL9000でやるというのもいいと思います。

強力なラックインストゥルメント

このシンセが使いたいからReason使っている、なんて人もいるくらいReasonのラックインストゥルメントは魅力的なものが揃っていますので一部紹介します。

Europa

「LAUNCH EUROPA PLAYER」というボタンをクリックするとブラウザでEUROPAが開きますので、実際につまみをグリグリいじって音や操作性をチェックできますよ。

Grain

Radical Piano

Redrum

Pangea

強力なラックエフェクト

Reasonはラックエフェクトも魅力的なものがそろっています。

Softube Guitar Amp

なんといってもSoftubeですからね。標準で入っているアンプシミュレーターとは思えないくらい生っぽい音します。

Pulveriser

The Echo

他にもMClassのマスタリングエフェクトや高品質なリバーブ、独特のゲートプラグインなど色々入ってます。
またSSL9000のチャンネルストリップやバスコンプもエフェクトプラグインとして使えます

Reason Rackをプラグインとして使える

「あーこのインストゥルメントとかエフェクトとかこっちのDAWでも使えたらなー」っていうサブDAWを使っている人アルアル、ありますよね?

Reasonなら他のDAW上でも VSTやAU PluginとしてReasonラックをドスンと呼び出すことができます
普通のVSTプラグインをインサートするのと同じで特別な手間も入りません。

インストゥルメントもエフェクトもサンプルも全部他のDAW上で使えます

実はかなり軽い

Reasonはラックシステムをコアにしているので見た目はかなり重厚ですが、動作は意外と軽いです。
まあそうじゃないとVSTプラグインとして気兼ねなく使えないですもんね。

DAWは色々使ったことがありますが、Reasonは普通にDAWとしてもかなり軽い部類に入るし、動作も安定しています。

普通にDAWとしても優秀

ボーカルのピッチエディット柔軟なオーディオストレッチ、コンプエディター(コンピング)なども標準で搭載されていてDAWとしても優秀です。

またレーン機能やブロック機能、ReGrooveなどの独自のシステムもハマる人にはハマると思います。


まとめ

といった感じで、Reasonの魅力を紹介してきましたが、その中でも特にサブDAWとしてオススメなポイントは、

  • SSL9000コンソール
  • VSTプラグインとして使える

この二つですね!

SSL9000のチャンネルストリップやバスコンプは普通にプラグインとして買っても結構なお値段しますからね。

そう考えると、普通にReasonRack目的で買ってもだいぶお得だと思います。

また、最近Reason StudioはReason+というサブスクリプションサービスもやってますので、「ガンガン使っていくぜ」な方にはかなり良いと思います。(週一くらいしか使わんのよねって方はちょっと持て余しちゃうかも?)

PluginBoutiqueでReason+を見る

通常の製品版はこちら(今回紹介したインストゥルメントやエフェクトは全部入っています)

PluginBoutiqueでReasonを見る

ちなみにReason+は30日間無料で使えますので、試しに使ってみて気に入ったらそのままサブスクリプションを継続するか年間パスを購入するか、もしくは買い切りタイプの製品版を購入するか選ぶのも良いと思います。

是非お試しください!