グラナダの「ミ」は♮(e)か♭(es)か?

アルベニスの「グラナダ」

 

皆さんご存知の、と言ってしまってもいいですよね。

特にギターではそのくらいスタンダードな曲です。

 

さて、ここで突然ですが、皆さん誰の編曲で弾かれてますか?

色々な人が編曲されてますし、俺編(自編)という方も多いのではないでしょうか。

 

自分で編曲された方は既にお気づきかもしれませんが、

 

f moll(原調で)に転調してから10小節目(属7のところ)の「ミ」のことです。

小節頭の「ミ」はもちろんナチュラルとして、次の三拍目頭の「ミ」が「」か「es」か?

 

 

という話をしたいと思います。

 

こちらが「es」の方

 

こちらは「e」の方

 

 

 

上記の動画のようにピアノの楽譜ですとそのまま「ミ」になっている版が多いようです。

 

じゃあ「ミ」じゃん!と言いたいところですが、

ピアノでも♭で弾いている方がけっこういるんですよね。

 

旋律的には、次の小節の主和音五度にミ→レ♭→ドと解決しますので、

ミは♭にして増二度を避けた方が流れは良いように思われます。

 

しかし、曲の背景や曲名などを考えると、あえてナチュラルにしている可能性も少なくありません。

 

そんなわけで、ちょっと気になりましたのでYouTube(便利ですねぇ)で検索してみましたところ、どうもギターは「es」で弾かれている方が多いようですね。

セゴビアやロメロあたりもそうでした。

 

マリア・ルイサ・アニードやクローニンゲンギターデュオあたりが「e」ですね。

 

ちなみに、スペインの指揮者、作曲家のRafael Frühbeck de Burgosが管弦楽に編曲しているのですが、そちらは「e」になっておりました。

 

そんな私は「e」に一票。でも自分が弾くなら「es」にしちゃうかも。

(なんじゃそりゃ)

felice音楽教室

住所: 茨城県水戸市見川3-595-5

メール:takanori-yajima@musicafelice.com