谷島あかね です。


谷島あかね です。

4/22(土)ベビーカーコンサート VOL.2~楽しいおどり♪~
今回のコンサートは、初のPA有で行きます! なので、今回使用するヤジのギターは西野春平さんのエレガットになりました(・∀・) (前回は三浦さんの松でした) 何か、新聞に載せて頂いた曲目が「リストの小人の踊りなど」になっていて、 真面目なクラシック感漂ってますが…申し訳ありません! ほぼpopsです。 (掲載して頂いてありがとうございます♡) 今回はPAを使うので、静かにしなきゃ!のプレッシャーはあまりないかと思われます(^^) お気軽にお越しくださいませ♪ それではよろしくお願い致しますです~
>> 続きを読む

偉そうに書いといてナンだけど
今さっき、 あ~私がひとりで生きるを実践出来てないんだなって思い知らされました。 私は割り込みとか交通ルールを守らない人が嫌いです。 ついつい口出しちゃう。 でも、それって本来他人の選択したことに、 私が勝手に腹を立てて、私が勝手に注意して、私が勝手に鬱憤を晴らしてるだけなんですよね。 人を待たせてる状況なら、一通を逆走してきた人に注意してないで、速やかに約束の方を完遂すべきでした。 お陰で面子を潰された殿方の怒りに触れ、大渋滞を引き起こしました。 ごめんなさい。 黙ってスルーすべきでした。 一通を逆走した後、どう対処するか?に私が意見する権利はないのです。 「このまま直進したら危ないですよ」は本当に傲慢でした。 ヤジに話したら窘められて、ようやく反省しました。 (…しかし車だとより腹が立つのは何でなんだろう?) でもその時はそんなこと考える余裕もなく… 更に残念なことに、 私は「女じゃハナシにならない」思想の殿方には過剰反応してしまうので、 ついつい反論してしまいました…。 そういうタイプには、冷静に論理的に発言の矛盾を指摘した方が相手が痛いと感じるのをわかった上で、理詰めで反論したのも悪かったと思います。 降りて来いってしつこかったので、「その根拠を説明してください、私は急いでいるので付き合ってる暇はないんです、あと唾飛ばすの汚いからやめて貰えます?」 うーん、こうやって冷静に考えると私の方が煽っていてより悪いですね…。 でも、子連れで降りてきて暴言を叫ぶ殿方にムカついていたのでつい…。 それと、風も出て来て冷え込んでいるのに、薄着の小さな子供達を従えて30分も叫び続けるなんて何考えてるんだと。 子供に見せるべき姿じゃないだろうと。 間違いを指摘されて逆上するのも親として間違ってるだろうと。 だけど、でもそれは私個人の倫理観。 私個人の正義であって、その怒りを燃料にして言い返すのは正しい行いではない。 それはただの押し付けで、私の怒りをぶつけているだけです。 私自身が正義をタテに行動してたな、と反省しました。 正論では人は動かないってわかってたのに。 …いや、実際どんなにわかってても遭遇したらムカつくんだけどさ。 一通逆走したり、横断歩道で歩行者いるから止まったのに後ろからクラクション鳴らされたり、止まれで止まらないで飛び出してくる人とか。 でも、私にやるべきことがある限り、優先順位は私の怒りを解決することではないのです。 そもそも、逆ギレするような殿方に意見するなんて行為自体、私がバカな証拠です。 ハナシが通じる訳ないのに。 …やっぱり、偉そうに世間について意見するのは良くないですね。 自分が出来てないんだもん。 出来てないくせに人のアラは気になるなんて、そんなのおかしなハナシです。 謙虚さの欠片もなかったです…。 真面目に反省して、今日のことをよく考えたいと思います。 人の親なら火中の栗を拾いに行ってはいけない。 そんな簡単なことすら実践出来ないなんて、本当に恥ずかしいです。 どこまでバカなんだろうって。 でも、偉そうなことを書くだけ書いて、こういうバカな行いは隠すってのは逃げかなって思ったので、 ここにこうしてバカ記録を敢えて残して自分への戒めにしたいと思います。 穴があったら3日くらい籠もりたいくらい恥ずかしいけど。 一人がバカなことをすると、その被害を受けるのは家族です。 私のすべきことは、家族を守ること。 反省しなくてはならない。 心の筋トレが足りてないです…。 世界に貢献するって、こうやって我を張ることを止めることなのかも知れない。 何かをすることじゃなく、何かを止めること。 自分の欲より大切なものを選択すること。 奉仕ってこういうことなのかも知れないな。 私ってバカだな…。 結構凹んでます…。
>> 続きを読む

ひとりで生きよう!
何となく、今までずっと悶々と色々考えていたことが一応の解決に至ったので、 忘れないように書いておこうと思います。 たはだ、これはあくまでも私個人が感じたことなので、 そう思わない、考えない方を否定するものではありません。 こんな考え方もあるんだなってことで、ハナホジしながら「こいつアホだな~」って忘れて頂いた方がいいかも?くらいのハナシです。 私は子供の頃から縋ることが大嫌いでした。 縋る=祈ると捉えていたので、宗教も嫌いでした。 そんなものに頼るなら死ぬ!と思い詰めるくらい嫌いでした。 (勿論それじゃ風当たり強すぎて生きていけないので、色々学んで今は多分普通です) 偉い人と繋がりがあることに重きを置いた価値観を持つ人も苦手だったし、 地位や名誉やお金を根拠に人を決めることも嫌いでした。 宗教・人・物・思想問わず、何かを崇める人も苦手でした。 でも、私自身に宇宙や自然や人の優しさに対する敬意がない訳ではなくて(多分そういった事柄に対しては敬虔でならねばならない、って感覚は強い方です)、 だから何で私宗教とかスピリチュアルとか左翼右翼に集まる人達が苦手なんだろう?って不思議でした。 空を見て、星を見て、桜が散るのを見て、とても美しいと感じます。 これは、肉体を持って生まれてきたからこそ味わえる、与えられたものなんだろうなとも。 だから、今自分に与えられた環境や、生まれることが出来たことに感謝の気持ちを持っています。 誰に対する感謝なのか、その対象はハッキリしてないけど、でも有り難いことだと思ってます。 だけど、与えてもらったことに感謝しても、崇拝したり依存したくはないのです。 畏れや敬意は持っても、依存したくはないのです。 謙虚であることと、依存することは違います。 寧ろ、敬意を持たずに崇め奉るのは危険だと思います。 虎の威を借る狐と同じ理屈です。 強いモノに屈服して縋ることで安心を得ても、謙虚になれたかは疑問です。 強いから巻かれるなら、それは敬意じゃないと思うから。 で、これが答えだと思いました。 多分、どうやら私が嫌いだと感じたことって、 縋ってる、依存していることなんだと思います。 ただ、依存はみんなしてるし、それ自体ないとこの世への執着もなくなるし、 地上へ結びつけてくれるものがないと生きることそのものが難しくなるので、依存そのものが問題とは思いません。 なので、私が苦手なのは、依存している自覚のない人達なんでしょう。 敬うことと崇めることは違います。 不遜な気持ちを持ちながら従うことは幾らでも出来る。 太刀打ちできない強大な何かに一時的に従うことは、謙虚に感謝することとイコールにはならない。 それはそれで生きる上での対策の一つなんでしょうけど、それは杖なんだと、自力で立てないから使ってる杖なんだと気付けないと、人としての学びが進まないように思います。 信仰心、正義、倫理、それらが自力で立てない人の使う杖になっていることを自覚すべきかなって。 お酒、煙草、薬、ギャンブル、恋愛、占い、セミナー、宗教、世の中探せば幾らでも杖が見つかります。 杖を使うことを批難する気は全くありません。 ただ、それが対症療法であって根治じゃないこと、 それ以前に自分が杖に頼って立っていることは知っておいた方がいいかなとは思います。 その杖はみんな違うし、たまたま持つ人が多い杖を使ってたからと言って、自分が正しいかなんて誰にもわからないからです。 多分、杖にも流行があって、時代時代で好まれるブランドも形状も装飾も違うでしょう。 あまりにそこに拘り過ぎると無駄に摩擦が多い人生になってしまって苦しいし、 杖をひたすら沢山集めて気分で持ち替えるか、 もしくは杖を持たずに二本足で立つ! のどちらかを選択するのが簡単そうです。 いずれにせよ、自分が杖を使ってる自覚を持てなければ選びようがない気もしますが…。 で。 タイトルの「ひとりで生きよう!」ですが… 私達人間て種は、殆どの個体が群れを作って生きることを選択する動物なので、 リアルに群れから出て一人で生きて行くことは大変難しいし、現実的ではありません。 私の思うひとりで生きるは、自分の足で立つことを目指そうってことです。 例え一生立てなかったとしても、たった1秒でも杖なしで立てることが出来れば素晴らしいんじゃないかって。 どうせ立てないんだからそんな努力無駄!って言うのは、 どうせ死ぬんだから生きるのは無駄ってのに似てるかなって。 世の中に貢献した人は確かに素晴らしい。 でも、誰に褒められるでも感謝されるでもない、小さくて下らなく思えるような、 本当の本当に自分のすべきことがあると思うんですよ。 それがちゃんと出来てないのに他人の世話をしてるなら、 それは単なる逃げであって解決じゃない、杖を使って自尊心どうにか保たせてるだけってことを自覚して欲しいなと。 他人軸は止めていこう。 自分を知って、自分て人生を覚悟を持って本気で生きよう。 あ、でも、他人軸を止めるから自分らしく本能の赴くまま生きろってのとは違いますよ! 自分の選択を誰かに任せない。 自分の船の舵は自分が切ろう。 その結果起こることは引き受けて行こう。 て感じです。 ひとりで生きることが出来る(自分に責任を持つ)からこそ、誰かを助けることが出来るんじゃないかな? だから、私は神に祈りません。 人にも縋りません。 感謝と敬意と謙虚さ、これだけはいつも忘れずに携帯して行きたいなと。 (だからホロ見るときもその知識や技術やそれを見られる環境に感謝はするけど、神を崇めたりはしません) …数年経ったら全然違うこと言ってる可能性もあるけどw 覚え書きではあるけど、これは私にも完全に当て嵌まります。 そんなね、他人様のこと見てどうこう薀蓄垂れる暇があるなら、子供の相手を一分でも多くすべき! …わかってんのよ~、わかってるけど難しいの!! それに今日弾き合い会だったからちょっと休憩したいのよ~(´;ω;`) (イベント自体は「私は」とっても満足だったけど♡) よし、今から頑張る!! あとベビーカーコンサートの練習もする!!! 終わり。
>> 続きを読む

felice音楽教室

住所: 茨城県水戸市見川3-595-5

メール:takanori-yajima@musicafelice.com