谷島崇徳のギター(?)ブログ


谷島崇徳のギター(?)ブログ

【ガイドフィンガーとフィンガーノイズ】キュッ!って音が気になったら
フィンガーノイズって知ってます? ギターで左手のポジションを移動する時にでる「キュッ!」って鳴るアレですね。 ポジション移動時に弦を指でこすった音なんですが、 アコギやエレキ界では「ギターっぽくてかっこいいよね」なんて言って、ギター打ち込む時にあえて入れたりするくらい味のある音になっているかもしれません。(ポジション移動しないところまで入れちゃってたり) が! クラシックギター界では完全に邪魔者扱いされており、いかにフィンガーノイズを出さないで弾くか工夫されていたりします。 で、その絡みで一緒に語られるテクニックがガイドフィンガーですね。 ガイドフィンガーというのは、ポジションを移動する時などにガイドの指を弦に残しておくテクニックです。 これが弦(4〜6の巻弦)を滑る時に「キュッ」って鳴るわけですね。 (え?てかガイドフィンガーって死語じゃないよね?) 「じゃ、離せばいいじゃん」 ってことで、ポジション移動時に毎回弦から指を離してから移動する、というのがポピュラーな解決方法です。 ちょっと難しいですが1番分かりやすいですね。 (ただエレキだとノイズ対策のためミュート状態が基本なのでちょっと使いにくテクニックでもあります。) さて、ここで気をつけたいことは、 ちゃんと真上に離さないとめっちゃデカいフィンガーノイズがでる、ということです。 演奏中1番目立つフィンガーノイズはこれですね。 それにも関係しますが、ガイドフィンガーを使う場合の注意点としましては、 弦を押した状態で滑らせるとフィンガーノイズが大きくなる、ということです。 弦を押していない前者よりも、少し押した状態で滑らせている後者の方がノイズが大きいのがわかるかと思います。 これは人にもよりますが、軽く触れているくらいで滑らせればそんなに気にならないシーンもあったりします まとめるとこうなります。 ↓ 弦から離れた状態  (ノイズなし) ・ ・ ちょい触わり (ノイズ小) ・ ・ ちょい押し (ノイズ中) ・ ・ 全押し  (ノイズ大) といった感じで、弦から離れた状態を0として、弦に圧力を加えるほどフィンガーノイズが大きくなる傾向があります。 よって、弦に触れているか離しているか、の二択ではなくシーンによって聴いた感じでシームレスに使い分けるというのもアリだと思います。 1.キチンと離して移動 2.触るだけで移動 3.へっへーそんな細いこと気にしねーぜ の3段階くらいでもいいですかね。 え、私はどうしてるかって? たぶん2番中心であとは聴きながらだと思いますが、思っているだけで実際のところどうかは怪しいもんです(笑) まあ、神経質になりすぎるのもなんなので、そんなもんでいいと思いますよ〜 もしかしたら、こういうのは曲作る方がより気にするべき問題なのかもしれませんしね。 ではでは、ガイドフィンガーとフィンガーノイズについてでしたー
>> 続きを読む

Abletonの音楽学習サイトがいい感じ!
DAW定番ソフトの1つAbleton liveでおなじみのAbleton社が、トラック作りの基本が学べるサイトを無料提供したらしいとこちらの記事で知りましたので、 ↓ 無料かつプレイ感がつかめる初心者向けの音楽制作レクチャーサイトが登場 私も早速いじってみました。 ↓ Get started making music こちらが最初の画面 リズム、ベース、コード、メロディーが各4パターンずつ用意されていて好きな組み合わせで再生できす。 リアルタイムで別のパターンに変えたりミュートしたりできますので、早くもトラックメイカー気分を味わえます。 このプログラムを一通り学ぶとこんなのが作れるよってことですね。 こちらはリズムのチャプター こちらもループ再生しながら好きにいじることが可能です。 こんな感じで、はじめにちょろっと説明があって→お手本のパターン→早速打ち込んでみましょうっていう流れになっております。 スケールの説明なんかも画面にタッチすると音が出ますので分かりやすいですよ。 こちらはコードのチャプターでCの三和音を作ってみましょうの図。 いやーこれはいいですね〜 リズムとコードのチャプターが終わると、早速コードとリズムを合せることができます。 次のチャプターではベースが入りますので、一気に曲らしくなります。 流れとしては、 リズム ピッチとかスケール コード ベースライン メロディー 構成 ・ ・ といった感じで進んでいきますので、 実際に打ち込みで使うピアノロール画面やドラムマシンで音楽理論を学べちゃうぞ!といった内容になっております。 文章や図解だけでなく、打ち込み画面やパッドが埋め込まれていて、それをいじって音を出したり編集したりすることができるので、とても実践的ですね。 全編英語ながらも、これなら小難しい音楽理論理論の本を鍋敷きにした方も楽しみながら覚えられるのではないでしょうか。 音楽理論って何か役に立つの?っていう、おそらく1番謎な「曲作りに生かす部分」が合わせて実感できるのも魅力だと思います。 しかも作ったやつはAbletonに出力できちゃいますので、さらに編集して曲に仕上げることも可能です。 ほらほら〜Ableton live欲しくなってきたんじゃないの〜 DTMで打ち込みやる方はもちろん、普通に楽器やってる方にもオススメしたい内容となっておりますので、ぜひアクセスしてみてください!
>> 続きを読む

バッハのフーガをオーケストラに編曲
オーケストレーションの練習でバッハのフーガをオーケストラ(3管)に編曲しました。 ↓   平均律クラヴィア曲集 第2巻 第7番 変ホ長調~フーガ     こういうポリフォニーものをオケにするのって難しいッスね。 ウェーベルンの変則技は別物として、シェーンベルクやレスピーギはやっぱり偉大だったなと改めて実感しました。
>> 続きを読む

felice音楽教室

住所: 茨城県水戸市見川3-595-5

メール:takanori-yajima@musicafelice.com