谷島崇徳のギター(?)ブログ


谷島崇徳のギター(?)ブログ

我らが茨城のヒーロー【イバライガー】の主題歌
ちょっと前に常陸太田市の歌を紹介させていただきましたので、そうなってくるとやっぱりこれも紹介しないといけないですよね!   そうです、我らが茨域のヒーロー「時空戦士イバライガー」の主題歌です。   どうですか? 本格的な特撮ソングになっていますよね!   それもそのはず、歌っているのはあの【宮内タカユキ】氏♪   宮内氏は茨城県小美玉市出身でして、仮面ライダーBLACK RXや戦隊シリーズの主題歌・挿入歌などで知られる特撮・アニソン界のカリスマです!   イバライガーは県内のイベントなどを中心に出動してますが、たまに見かけると「あ、イバライガーだ!」「どこどこ?」とやっぱりテンションあがっちゃいますね。   うちの近所にはイバライガー自動販売機がありますし、 イオンの文房具売り場でレジ待ちしていた時に、前のおばちゃんがイバライガーTシャツ着てたのを見たときは「イバライガー根付いてんなー」とちょっとうれしくなりました。   公式WEBサイトもありますよ。 ↓ イバライガー   イバライガーはつくば市に基地をもつ「茨城元気計画」という団体が主催・運営しており、イバライガーもそこから出動しているようです。 上記サイト内に出動依頼フォームもありました。   我らが茨城のヒーローをよろしく!
>> 続きを読む

ピッキングに悩んだら、あえての【JAZZⅠ】
ジャズ系ギタリストのみならず、速弾き系のギタリストなど多くのギタリストに愛用されているピック「JAZZⅢ」 だいぶ減ってますね…(新品撮影しなさい) はい、私も愛用しております。 ところでこの「JAZZⅢ」、スリーっていうからにはワンがあるの?と思ったことが一度はあるのではないでしょうか? 楽器屋さんのピックコーナーで確認したことがある人もいると思いますが、 こちらがその「ジャズⅠ」です。 ↓ どうですか? 基本的にはあまり変わりませんが、先っちょがめっちゃ丸いですよね。 あ、使い古して丸くなっているわけではありませんよ。こちらはちゃんと新品です。 ギタリストの中には、 ピックの逆側(持つところ)で弾くパット・メセニーやコインで弾くブライアン・メイなど、丸っこいのを好むギタリストがいるんですね。 さあ、そんな「ジャズⅠ」ですが、普段先っちょが尖っているピックを使っている方はだいぶ弾きにくく感じるのではないでしょうか? もしやりにくく感じたら一度「ジャズⅠ」で練習してみるといいかもしれませんよ。 例えばこんな人、 ・ついつい先っちょだけで弾いてしまう 狙ってやると意外とムズい、先端1mmの世界。 もうちょい深いピッキングで太い音だしたいなぁ… ・ちょっピックの角度つけすぎじゃね? なんか弾くときピキピキあやしいラップ音がして気になる〜 かといってフラットに当てると弾けない〜 そんな時は是非「ジャズⅠ」をお試しください。 こういう先が丸まっているピックでちゃんと音が出せれば他のピックでも大丈夫! かな?
>> 続きを読む

【4〜5弦押さえるセーハ】ってなんか技名あるの?
ギターの難しいテクニックの1つ、 バレー(セーハ) エレキ、アコギ、クラシックともに「バレーってムズいよね」なのは共通認識だと思いますが、細かく分けるとけっこう色々なバリエーションがあるテクニックでもあります。 各楽器やジャンルによって使われるテクニックの頻度は少しちがってくると思いますが、よくある半セーハとか全セーハ、のようにバレーする弦の数、もしくは指のどこまでを使うかで分ける方法は変わりませんね。 と、そこで以前から疑問が1つあるのですが、 バレーを指のどこまでを使うかで下記のように分けた時に、 ・第一関節まで …ハーフバレー(半セーハ) 2〜3弦分1本指で押さえる時に使う ・第二関節まで …?(?) 4〜5弦分1本指で押さえる時に使う ・第三関節まで …フルバレー(全セーハ) 5〜6弦分1本指で押さえる時に使う この2番目の第二関節まで使うバレーについての呼び名を聞いたことがないのですが、何か名前が付いているのでしょうか? 力の使い方も他の2つとはまたちょっと違いますし、これが意外と難しかったりしますよね。 もし付いていないのでしたら、何か名前があった方がいいと思うんですよね〜 ジョイントやヒンジバーとかも入ってくると「もうなんでもいいよ」ってなってくるかもしれませんけど、 やっぱりハーフとフルの間にもう一つ技名入れて明確に分けてもいいんじゃないかなーと思う今日このごろ。
>> 続きを読む